妄想通りの風俗を見つけたので嬉しくて体験談を書きました。

たまのデリヘルはいい

投稿日:2016年11月16日

暑いねー、そうですねー、みたいなやり取りをした後、服を脱がせる。本当はセルフで脱ぎたかったのだが、デリヘルユーザーはどうしても女の子の服は自分が脱がすってのが多いせいで、どうやら俺もそのタイプと思ったらしい。俺が服を脱がせるのを律儀に待っていた。丁寧に脱がして自分もパパッと脱ぐ。女に服を脱がしてもらうことに喜びを感じるのがまず訳が分からないので。俺が全裸になると即尺が始まる。あらかじめ即尺をオプション追加していたので。献身的な性格でもあるデリヘル嬢のフェラは非常に丁寧なものであり、ゆっくりねっとり舐める行為は無理に激しいフェラをされるよりもずっと気持ちよい。即尺フェラで敢え無く出す。シャワーでは普通に身体を洗い、ベッドではシックスナインを行う。嬢のオマンコだが、洗ったばかりだというのにやたら臭った気がする。最後にもう一度シャワーを浴びたときにフェラしてもらい予期せぬ射精が最後にあった。たまのデリヘルはストレス解消にもなることが分かった。

二人の妹タイプ

GWも祝日も潰れてゲンナリしていた私に転機が訪れた!とりあえず休みを5日ほどいただき、そのうちの2日をデリヘルに使っちゃいました。一人目の子は妹系です。しばらくイチャイチャした後にシャワーを浴びる。ペニスを洗うついでに扱いていただきました。ベッドでは乳首舐め&手コキです。乳首舐めしているときのデリヘル嬢の表情がとてもエッチで、その表情に見惚れて股間がさらに熱くなります。手コキで出して嬢の背中に精液が降り注ぐ。一人では拭けない箇所に垂らしてしまったため、僕が精液をふき取りました。二人目の子も妹系です。でもコチラは一人目の子と比べて太っていました。いわゆるデブチビで、しかもそれをウリにしている模様。体重を聞くと、一人目の子より20キロも違かった。同じくらいの身長なのに。そんな彼女にしてもらったエッチ技が騎乗素股です。ズンズンと、本物の騎乗位をしているが如くのベッドの軋みでした。デブはあまり好きじゃないけど、彼女は優しさとか熱意があったので○です。